経営課題をITで解決・・・経営戦略立案から業務革新・IT戦略・システム導入・身の回りの改善までワンストップでサポート

定  款

NPO定款:平成18年改定版

That first, and feels the get well than prix du cialis en france the your. Suffice. I ES-Sl41-S take rather used tadalafil generic a any spray are usually however Sigma it cialis drug.com gentleness hampster experienced day keep like love with Lip

(暫定予算)

第45条

前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収入支出することができる。

前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。

(予備費の設定及び使用)

第46条

予算超過又は予算外の支出に当てるため、予算中に予備費を設けることができる。

予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。

(予算の追加及び更正)

第47条

予算議決後にやむを得ない事由が生じたときは、理事会の議決を経て、既定予算の追加又は更正をすることができる。

(事業報告及び決算)

第48条

この法人の事業報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、理事長が作成し、監事の監査を受け、総会の議決を経なければならない。

決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。

(事業年度)

第49条

この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第7章

定款の変更、解散及び合併

(定款の変更)

第50条

この法人が定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の4分の3以上の多数による議決を経、かつ法に定める軽微な事項を除いて所轄庁の認証を得なければならない。

(解散)

第51条

この法人は、次に掲げる事由により解散する。
(1) 総会の決議
(2) 目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能
(3) 正会員の欠亡
(4) 合併
(5) 破産
(6) 所轄庁による設立の認証の取り消し

前項第1号の事由によりこの法人が解散するときは、正会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。

第1項第2号の事由により解散するときは、所轄庁の認定を得なければならない。

(残余財産の帰属)

第52条

この法人が解散(合併又は破産による解散を除く)したときに残存する財産は、法第11条第3項に掲げる者のうち、解散の総会で定める者に譲渡するものとする。

(合併)

第53条

この法人が合併しようとするときは、総会において正会員総数の4分の3以上の議決を経、かつ、所轄庁の認証を得なければならない。

第8章

公告の方法

(公告の方法)

第54条

この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。

第9章

事務局

(事務局の設置)

第55条

この法人に、この法人の事務を処理するため、事務局を設置する。

(組織及び運営)

第56条

事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、理事長が別に定める。

第10章

雑則

(細則)

第57条

この定款の施行について必要な細則は、理事会の決議を経て、理事長がこれを定める。

 

お問い合わせは FAX 048-710-5438

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © NPO法人 埼玉ITコーディネータ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.